恥をかかないための町田市における葬式のマナーや相場料金

お葬式

香典返しを送る時期と金額の目安とは?

葬儀があわただしく終わってほっと一息つける、そう思って油断していてはいけません。
葬儀を済ませたら次に「香典返し」を送らなくてはならないからです。
香典返しは、一般的に「忌明け」に送られます。
忌明けとは、いわゆる「四十九日」が明けてからの事を言います。
四十九日が済むまでは、「初七日」「二七日忌」「三七日忌」「四七日忌」「五七日忌」「六七日忌」「七七日忌」と、7日おきに供養が続きます。
そのため本当の意味で遺族が息をつけるのは、忌明けからであり、この時期に香典返しを送るのが適切です。
香典返しは、葬儀へ参加してくれたことへの感謝を示すために行われます。
葬儀の際に、香典を貰った場合は、そのお礼に礼状と粗品をつけて香典返しを行います。
葬儀の際に弔電のみの場合は、礼状のみを送ります。
香典返しの金額の目安は、香典の半分から3分の1程度とされています。
現在香典返し専門サイトなどで多種多様な品があり、ここから選ぶと間違いがないでしょう。
香典返しは、一般的に石鹸やタオルなどの実用品が多いようです。
また、亡くなったのが一家の働き手だった場合などの経済的に苦しい場合は、香典返しをする必要はありません。
事故や病気で両親がなくなり、子供だけが残された、という状況でも同様です。

CONTENTS

香典返しを送る時期と金額の目安とは?

葬儀があわただしく終わってほっと一息つける、そう思って油断していてはいけません。葬儀を済ませたら次に「香典返し」を送らなくてはならないからです。…

香典返しののし紙の書式はどうするの?

葬儀が滞りなく終了し、四十九日も終わると、香典返しを出席してくれた方々に送らなければなりません。香典返しを送る場合、送る品物に「のし紙」をかけるの…

お葬式をするお金がない場合

例えば生活保護を受けている方が無くなってしまった場合、その家の中にある財産で出来そうなものは売却されますが、例えば火葬をする代金などは必要最低限の物が保障…

葬式と告別式の違いなど

そもそも葬式と告別式の違いを、知らない方が多いと思いますので、その事などを踏まえて記載していこうと思います。宗派によって若干の違いはあるかもしれま…

TOP