恥をかかないための町田市における葬式のマナーや相場料金

お葬式

お葬式をするお金がない場合

例えば生活保護を受けている方が無くなってしまった場合、その家の中にある財産で出来そうなものは売却されますが、例えば火葬をする代金などは必要最低限の物が保障されますので納骨までは問題が無いのではと思います、但しお坊さんに支払うお布施に関しては、本当に気持ちだけでやってもらわないと、いけなくなってしまいます。
しかし現実的に考えて、その様な事は出来ないと思います。
棺を安い物にしても、やはり数万円のお金はかかるでしょう、ですから保険に加入しなくても最低でも50万以上のお金は用意しておくべきだと思います。
死と言う物は突然やってくる場合も有ります、その場合残された遺族には、葬式のお金の問題が浮上してくるからです。
ですから私の場合、私の身に何かあった場合には、遺言としてその財産の1部を葬儀に当てるようにと記載していますし、またその書類は公証人役場に保存されていますので、残された家族に金銭的な負担をかけないように、その様な手段をとっています。
普通に家族葬でもそのセレモニーだけで50万はしますし、また細かい事にもお金が必要になってきますので、最低限の死亡保険に入っていれば全てが賄える葬式を上げる事が出来ますので、これは生前の義務だと私は感じています。

CONTENTS

香典返しを送る時期と金額の目安とは?

葬儀があわただしく終わってほっと一息つける、そう思って油断していてはいけません。葬儀を済ませたら次に「香典返し」を送らなくてはならないからです。…

香典返しののし紙の書式はどうするの?

葬儀が滞りなく終了し、四十九日も終わると、香典返しを出席してくれた方々に送らなければなりません。香典返しを送る場合、送る品物に「のし紙」をかけるの…

お葬式をするお金がない場合

例えば生活保護を受けている方が無くなってしまった場合、その家の中にある財産で出来そうなものは売却されますが、例えば火葬をする代金などは必要最低限の物が保障…

葬式と告別式の違いなど

そもそも葬式と告別式の違いを、知らない方が多いと思いますので、その事などを踏まえて記載していこうと思います。宗派によって若干の違いはあるかもしれま…

TOP