恥をかかないための町田市における葬式のマナーや相場料金

お葬式

町田市で増えている小さなお葬式

墓参り

一般的なお葬式は現在も行われることは多いです。町田市でも一般的なお葬式が多く行われていますが、最近は少し変化が見られます。町田市で最近増えているのが小さなお葬式、家族葬です。
家族葬は家族や親族などごく身近な人だけで行われるお葬式です。町田市でこうした形態のお葬式が増えている背景には、お葬式の費用を抑えたいという人が多くなってきていることがあげられます。一般的なお葬式となると会葬者も多くなり費用も掛かりますが、家族葬は身近な人だけで行うので葬儀自体も簡素化する事ができ費用を抑えられます。また、家族葬には本当に故人の死を悲しむべき人達だけで行えるので、会葬者への挨拶などに時間をさく必要もないから心から別れを偲ぶことができます。
また、故人も生前から「お葬式は家族葬にして欲しい」という意志を家族に伝えるようになりました。これは高齢化が進んで会社関係の付き合いも薄くなり、さらに親しい人達との付き合いも減ってきたことなどから、最後の別れは家族だけでしてほしいと願う人が多くなってきたからです。これからもさらに高齢化が進み、お葬式を選べるようになってきた時代なので家族葬はどんどん増えていくことでしょう。

町田市の葬式では家族葬が多い

町田市に住んでいる人の中には、生前の内から葬式について意見を述べる人がいます。その時に多いのが最後は静かに眠りたいという言葉です。静かという表現が似合うのは家族葬が最適なので、必然的にこの葬式を選ぶことになります。
一般葬を選ぶと交流がなかった人達が沢山家の中を訪れるので、賑やかではありますが、故人からしてみれば微妙な気持ちかもしれないです。ですが、家族葬なら故人が見知った人達がやって来るため、安心できるというのが特徴です。
町田市は商業が発達した影響により、住宅地が昔に比べると沢山並んでいる地域です。ただ、昔から住んでいる人の中には、今よりも車の往来が少なくて静かだった頃が懐かしいと考える人もいます。そのため、葬式では家族や親戚、故人の幼馴染達のみが集まる家族葬が選ばれやすいです。その時に幼馴染達は棺にいる故人に、かつての町田市のことを語りかけたりします。精進落としの最中も、昔の話が出て盛り上がるので故人が喜びやすいです。
家族葬を選択すると火葬までの時間が数日延びるので、その分故人と長くいられるという長所もあります。それに家族葬を選択すれば、葬式会場内でお通夜をすることもできます。お通夜の時は、業者が会場で寝泊まりする許可を出してくれるので、夜遅くまで故人の側にいることも可能です。色々と気配りしてもらえるのも家族葬が選ばれる理由かもしれないです。

町田市のお葬式の費用

お葬式は一般的にお金が掛かるというのは多くの人が知っていますが、具体的にそれがいくらなのかを知らない人は非常に多いです。実際に町田市でお葬式にかかる費用は200万円ほどと言われています。全国平均で見ると町田市の費用は同じくらいで、特別他に比べて高いという訳ではありません。しかし町田市でもお葬式には多くのお金が必要である認識されています。
このお葬式の費用200万円は、全てお葬式に関わるものではありません。お葬式の費用は葬儀用品一式、飲食接待費、寺院費用の3つを合計したものになります。葬儀用品一式は通夜から葬儀に関する様々な費用で、葬儀社に払うものです。飲食接待費は会葬者への接待費で、香典返しや飲食にかかる費用のことです。そして寺院費用はお寺へのお礼やお布施、そして戒名などのお礼などが含まれます。これらを合計したものが葬儀費用総額となります。
今は家族葬や密葬など、小さな規模でのお葬式も増えてきたので料金はもっと抑えることもできますが、一般的なお葬式においては高額な費用が掛かってきます。簡素化できるところは簡素化することでこうした費用は大幅に抑えることができます。また葬儀社によっても金額にバラつきがでるので、葬儀の前には見積りを取って比較をする事が大切です。

CONTENTS

香典返しを送る時期と金額の目安とは?

葬儀があわただしく終わってほっと一息つける、そう思って油断していてはいけません。葬儀を済ませたら次に「香典返し」を送らなくてはならないからです。…

香典返しののし紙の書式はどうするの?

葬儀が滞りなく終了し、四十九日も終わると、香典返しを出席してくれた方々に送らなければなりません。香典返しを送る場合、送る品物に「のし紙」をかけるの…

お葬式をするお金がない場合

例えば生活保護を受けている方が無くなってしまった場合、その家の中にある財産で出来そうなものは売却されますが、例えば火葬をする代金などは必要最低限の物が保障…

葬式と告別式の違いなど

そもそも葬式と告別式の違いを、知らない方が多いと思いますので、その事などを踏まえて記載していこうと思います。宗派によって若干の違いはあるかもしれま…

TOP